ファミリーバイク特約はバイクが何台でもОK

原付 任意保険

・家族で原付通勤・原付通学の人が増え、原付バイクが2台になった。
・通勤用50ccのほかにツーリング用として125cc原付を購入した。


こんなケースは意外とあるのかもしれません。

このような場合でも、付帯済みのファミリーバイク特約で従来どおり補償対象になり、何の問題もありません。
保険会社に原付バイクが増えたことを連絡する必要もありません。


「ファミリーバイク特約」というのは、基本的には『その被保険者とその家族が、原付に乗って事故を起こした時の相手への賠償』をしてくれる保険であり、原付バイクの名義が誰になっているかは関係ありません

他人から借りた原付バイクでも、そのバイクで事故にあえば保険が適用されます。


ファミリーバイク特約は、このように人に着目した補償が行われるのが特徴であり、原付バイクについては、台数、所有者の如何を問わないことがこの特約のメリットの一つになっています。



人身障害型かどうかがチェックポイント

原付 任意保険

通常タイプのファミリーバイク特約(原付特約)では、運転者のケガ等は自損事故に限り補償対象となります。

つまり、本体で搭乗者傷害が契約されていても特約の方ではその搭乗者障害が補償対象になりません。


そのため、ファミリーバイク特約の通常タイプ(自損型)では、事故時の運転者、同乗者のケガなどについて補償が必要な場合は、他の傷害保険等でカバーする必要があります。


この点が、メリットが大きいファミリーバイク特約の唯一の短所であるといわれています。


ただし、ファミリーバイク特約のこの弱点も、本体契約に人身傷害が付いていれば、ファミリーバイク特約でも人身傷害補償を受けられるタイプ(人身型、人障型)も増えてきており、ファミリーバイク特約の重要なチェックポイントになっています。

保険料は割高になりますが、この新しいタイプ「人身型のファミリーバイク特約」を選びことができれば、弱点のない万全な原付の保険を手に入れることができます。


ファミリーバイク特約は付に必選の特約

ファミリーバイク特約は、家族に原付(125ccクラス以下のバイク)を利用する人がいる場合に、自動車保険に付けることのできる原付任意保険のための特約です。

この特約は、家族の誰であってもその原付バイクを運転して事故を起こした場合に、搭乗者傷害保険を除いて、本体の自動車保険と同じ補償を受けられるというものです。


ファミリーバイク特約の価格は、当然各社によって異なりますが、大体年額1万円程度の保険料増によって、別居している子供も含めた家族の誰でもが、しかも借りたバイクでの事故の場合でも、この補償を受けられるのですから、大変メリットが大きい特約だといえるでしょう。

ファミリーバイク特約のありがたい点は、原付バイクによる事故があって保険金が給付されても、本体の自動車保険の方のノンフリート等級には影響しないということです。


また、補償対象となる家族の範囲に年齢制限がない点も、加入者にとっては非常にありがたい取扱いです。

家族に自動車保険加入者がいるなら、ファミリーバイク特約は迷わすに選ぶべき「必選の特約」です。



このページの先頭へ