50-125cc原付は法定60kmで2人乗りOK

原付二種 任意保険

50-125cc原付二種には必要に応じて人身傷害型を。

原付二種(50-125cc)は法定速度が60kmで2人乗りもできます。
運転者自身、同乗者のケガなどが心配であれば
人身傷害型のファミリーバイク特約を選べばよいでしょう。

同乗者とともに運転者自身のケガなども補償されることになります。
タンデム利用などの場合はその方が安心だと思います。

補償が厚くなる分、保険料も高くなりますが、
この際、本体とトータルで格安になる通販型に切り替えてはいかがでしょうか。
原付の特約を追加してもおつりが来るかもしれません。


人身障害型のファミリーバイク特約

原付二種 任意保険

51cc~125ccの原付バイクは、法定速度60kmで2人乗りが可能です。
50cc以下の原付と同じような使用目的であれば、特約も「自損型」でいいのかもしれません。

2人乗りをしツーリングも行うなどの使用形態の場合は
人身傷害型の特約を選んだ方がいいのかもしれません。

保険料は高くなりますが運転者・同乗者のケガ等が本契約と同様に補償されることになります。

人身傷害型は主契約に人身傷害保険がついている場合に選ぶことができます。
(※本契約と連動で人身傷害型になる所、選択で人身傷害型にできる所など各社で取扱いが違います。)


「人身傷害型の保険料が気になる」、「主契約に人身傷害が付いてない」
そんな場合は、主契約の自動車保険を今より安いものに切り替えてはどうでしょうか。
代理店型から通販型への切り替えなら人身傷害型を付けてもおつりがくるかもしれません。


原付の特約を付けて人気の自動車保険

原付バイクの任意保険

原付 保険

原動機つき"自転車"というだけあって気軽に乗ることが出来る原付ですが、
4輪車より安定の劣る2輪車であること、
運転者の体が車のようにボディーで保護されていなくむき出しであること
などを考えれば、原付こそ保険加入により事故等に備える必要性が高いかもしれません。

しかし実際には、任意保険どころか、自賠責保険さえも期限切れになったまま使用されている例が非常に多いというのが現実です。

原付原付バイクようファミリーバイク特約、原付特約は、125cc未満の排気量のバイクに適用される保険です。
50cc~125ccのバイクも原付と呼ばれますが、原付免許及び普通免許で乗れるのは50cc未満の第一種原動機付自転車(通称:原付一種)に限られます。

この原付の保険には、強制保険である自賠責保険のほかに、四輪車と同様に任意保険もあります。
自賠責でさえ上記のような現実がありますので、年間保険料が4万円前後と結構高額になる任意保険は、お金のない学生など多くの人が加入していないようです。

走るだけであれば年間7千円ほどの自賠責保険への加入だけで問題がないかしれませんが、万一事故があった場合、相手の怪我の程度によっては自賠責だけでは賄いきれないでしょう。
さらに、自賠責保険の補償は事故の相手だけが対象になることから、自分の怪我の確率の多いバイク事故では、ほとんどが自賠責だけでは補償が十分でないというケースになるでしょう。



このページの先頭へ