ファミリーバイク特約の唯一の短所とは?

ファミリーバイク特約 短所

6千円~1万円程度で追加できメリットの多いファミリーバイク特約ですが、一つだけ注意点があります。

ファミリーバイク特約では、搭乗者傷害保険が補償内容から除外されていることです。

ガードレール衝突、道路転落などの自損事故の場合はケガなどの補償がありますが、
主契約が搭乗者傷害付きでも自損事故以外のケガ等は補償されません。

自損事故以外のケガ等が心配な場合は、
・ファミリーバイク特約の人身型を選択する
・生命保険、交通傷害保険、搭乗者傷害保険などでカバーする
という方法があります。

人身型は、ファミリーバイク特約の唯一の欠点(搭乗者傷害の非適用)をカバーできるもので、保険料も1万円程度高くなります。


タンデムの125ccバイクなどで、人身型が必要になる場合は、
特約追加を機会に自動車保険を見直してはどうでしょうか?

後悔のない最小限の保険料で自動車保険のパワーアップが実現します。


ファミリーバイク特約は珍しいほどメリットの多い特約

ファミリーバイク特約 短所

主契約(自動車保険)がある場合、
ファミリーバイク特約は原付保険の決定版でしょう。
6千円~1万円程度の追加で大変メリットの多い特約を付けることができます。

●ファミリーバイク特約のメリット

・対人・対物・自損事故について自動車保険と同様に補償
・家族なら誰でも保険の対象になる(別居の家族でもOK)
・契約者と家族が所有する原付なら何台でも補償対象
・他人から借りた原付でもOK
・年齢制限がない(主契約の年齢条件に影響されない)
・原付で事故に遭っても「等級」に影響しない

価格に比べてこれほどメリットの大きい特約は珍しいでしょう。
そして特約の追加が自動車保険見直しのチャンスになります。

特約を追加するなら、もう一手間で保険料も今より安くしてしまいませんか?

従来型から通販・リスク細分型への切り替えであれば、
ファミリーバイク特約を付けもおつりがくるかもしれません。


ファミリーバイク特約の特徴(まとめ)

自分あるいは家族が自動車任意保険にご加入している場合、125ccまでのいわゆる原付バイクにもほぼ同じ補償を、年額一万円程度以内で付けることができるのが『ファミリーバイク特約』という自動車保険の特約です。

車両保険の付加サービスになっている特約の扱いですので、バイク保険に単独でに加入する場合(年齢条件によりますが少なくとも数万円以上)よりも、大幅に保険料を安く済ませることが出来ます。

保険会社によって差がありますが、年間おおよそ6000円~7000円程度、高くても1万円程度でこのオプション(特約)をつけることができます。

このファミリーバイク特約は大変メリットの多い特約です。

原付バイクを運転される人が契約者本人でなくとも補償の対象となり、家庭で所有するバイクでなく他から借りたバイクでも補償の対象になります。

また主契約の年齢制限にも関係なく例えば高校生でも補償対象となり、しかも何台のバイクでも一つの特約で契約することができます。

更に助かるのは、バイク事故でファミリーバイク特約による保険を使っても等級が下がらないことです。

このようにいいこと尽くめのファミリーバイク特約ですが、一つだけ注意点があります。

それは、搭乗者傷害保険が除外されていると言うことです。

運転者か同乗者が転倒事故などで怪我をした場合、ファミリーバイク特約だけでは治療費の補填ができないことになり、この点にはあらかじめ注意が必要です。



このページの先頭へ