" 原付の保険 節約のコツとランキング

ポイントコツの1  単独加入ならリスク細分の通販型バイク保険にする

もともと安い通販型バイク保険が、リスク細分で原付にピッタリの値段になります。
リスク細分でないと大型バイクや4輪車並みの高い保険料になりかねません。

ポイントコツの2  自動車保険にファミリーバイク特約を付ける

保険料追加は高くても1万円程度まで。自動車保険では珍しいほどメリットの多い特約です。
本人・家族が自動車保険加入済みならこれが絶対にお得でおすすめ。

ポイントコツの3  原付の特約を付けても今より安くなる所に切り替える

代理店型から通販型への切り替えなら本体の自動車保険を数万円も安くできます。
特約の保険料追加、返還される保険料の目減り()をカバーしてもおつりが来るくらいの差額です。

中途切り替えによる保険料の返還額が月割り計算などで若干減額すること)

原付の保険の選び方

原付の保険比較

ポイント原付の任意保険で知っておきたいこと。

単独でバイク保険に加入する場合は年間数万円の保険料が必要です。
自動車保険にファミリーバイク特約を追加すると6千円~1万円程度で済み大変お得です。


ファミリーバイク特約は自動車保険に追加できる原付のための特約。

対人・対物・自損事故傷害が自動車保険と同様に補償されます。


◎家族が利用する125cc以下バイクなら何台でも補償対象。
◎年齢制限がなく原付の利用者が高校生でも別居の大学生でもOK。
◎原付での事故が自動車保険の等級へ影響しないという大変ありがたいメリットもあります。


ここでひと工夫!

この特約を追加する機会に自動車保険を安くしてしまいませんか?

代理店型⇒通販型の切り替えなら今の自動車保険を大幅に安くすることができます。


重要 通販型も代理店型も国の厳格な認可・監督による同格の自動車保険。
通販型の保険料が安いのは代理店手数料(15~20%)などの中間コストが無いからです。

代理店手数料分が高いからといって代理店が事故対応を行うわけではありません

原付向けの単独加入バイク保険比較

家族に自動車保険加入者がいない場合は単独のバイク保険を選ぶことになるでしょう。
原付向けのバイク保険なら、通販・リスク細分型で決まりです。

原付向けのリスク区分が無ければ大型バイクと同じような価格になってしまいます。


現在、本格的なリスク細分型バイク保険はアクサダイレクトチューリッヒだけです。
アクサダイレクトは排気量区分で、チューリッヒは走行距離区分で、原付が割安になるしくみになっています。

原付の保険 単独の任意保険だと年間数万円以上

原付 保険

原付の単独の任意保険は年間数万円程度の保険料が必要になります。
ファミリーバイク特約だと1万円を越すことは少ないでしょう。


この価格で自動車保険と同様の対人・対物・自損障害の補償が受けられます。

しかも年齢制限無し、2台以上でも別居家族でも借りた原付でもOK、等級に影響なしといいこと尽くめの特約です。


ファミリーバイク特約を付けて最安と定評のアクサダイレクトの例だと、対人・対物が自動車保険と同額、自損事故が1,500万円までが補償されます。

必要・十分、シンプルな体系で合理的な保険料を実現。通常、原付の保険はこれで十分かも知れません。

原付の特約に「人身障害タイプ」があるのはなぜ?

注意ファミリーバイク特約では、本体の自動車保険に搭乗者障害特約をつけていてもそれが適用されません。


125ccバイクなど2人乗りができる原付もあるからでしょうか、本体に人身障害をつけている場合にファミリーバイク特約でも「人身障害タイプ」を選べる保険会社が増えています。

「人身障害タイプ」は、本人、家族、他人のいずれでも実損害額が補償されますので、搭乗者傷害の不適用をカバーすることになります。


ただし、本体同様、ファミリーバイク特約でも「人身障害タイプ」を選ぶと特約の値段は高くなります。

「人身障害タイプ」を選べない場合は、交通傷害保険や加入済みの生命保険でカバーするというリーズナブルな方法があります。


このページの先頭へ